スポンサーサイト

  • 2013.09.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


よく吟味しよう生命保険

  • 2013.09.06 Friday
  • 保険
  • 16:11
  • -
  • -
  • by よく吟味しよう生命保険
世の中の不安定さ、将来の不安などからも、家計を見直している人も多いことでしょう。
住宅ローンや教育費など、毎月の出費からいかにしても削減できないものを除いていきますと、
まず見直すべきは、各種保険になってくるようですね。

保険には、死亡保障、老後のための貯蓄、医療保障になります。

ほとんどの保険を見ていきますと、基本の主契約に、特約として災害や疾病時の保障を付けることもできるようになっています。
保険各社が、次々と新しい保険商品を売り出し、保険の選び方にも迷う時代ですが、

加入しようとする保険の、種類に応じた特徴をよく吟味し、自分の利用目的に合致していると納得できる商品を選んでくださいね。

保険会社の格付

  • 2013.08.15 Thursday
  • 保険
  • 09:00
  • -
  • -
  • by 保険会社の格付

保険会社の格付には、代表的な機関としてスタンダード&プアーズやムーディーズがあります。
スタンダード&プアーズでは、AAA〜BBBまでが安定的な会社で、それより下位の会社は投機的要素の強い会社と区分しているようです。


つまり、これから保険に加入する場合はBBB以上、可能ならA以上の保険会社から選べば比較的安全ということになります。
評価は格付機関によって異なりますが、大きな違いは現れないようです。


また、現在加入している保険会社の格付が下がっていくこともあります。
しかし、保険会社は格付が下がってすぐ破たんするわけではなく、実際に破たんするまでに時間をかけてゆっくりと格付が下がっていきます。

その間に再び保険会社の変更を検討して、契約し直すことも十分可能です。
ただし、この格付は契約(債務)を履行する能力や、支払能力を評価したもので、保険そのものの内容については、一切関わっていないので、保険のプランは選択した保険会社数社から比較検討しましょう。


保険会社を選ぶ基準

  • 2013.06.15 Saturday
  • 保険
  • 14:31
  • -
  • -
  • by 保険会社を選ぶ基準

保険会社を選ぶ基準は、
その会社の経営状況も、重要な要素になります。

保険に加入していても経営がうまくいっていなかったり、会社が破たんしてしまっては、十分な保障が受けられないからです。

破たんしても生命保険契約者保護機構によって、責任準備金の9割が補償されますが、9割に減少する事で保険金や入院給付金も減額されてしまいます。


保険会社を選ぶ基準は、このようにならないための一つに、支払能力の格付ランキングがあります。
専門の格付機関による評価を、アルファベットや記号で、AAAやBBというように表します(格付がない会社もあります)。


学資保険の落とし穴

  • 2013.01.19 Saturday
  • 保険
  • 09:00
  • -
  • -
  • by 学資保険の落とし穴
◆学資保険の落とし穴
学資保険にはいる上で注意したいのは、無理をしすぎないと言うことでしょう。
学資保険に入る意味が無くなってしまうのは、何より未来のための学資保険ですから、生活が苦しくなってしまったり、学資保険の保険料が払えないといった状況になってしまうことです。

もちろんですが、そういったことも含めて、きちんと自分の収入を考えて計画を立てましょう。
学資保険の保険料の支払い方法は色々です。
月払い、半年払い、年払いなどいろいろありますが、まとめて払うというのはあまりおすすめできません。
たしかに、月払いでは返戻率は低くなってしまいます。
こつこつ貯めるのが学資保険の目的ですから、無理をしないで、確実に月々1万程度からが無難ではないでしょうか。

一方、年払いをする位の余裕があるのなら、学資保険は不要な家庭ではないでしょうか。
むしろ、返戻率にこだわるのなら、投資をするか、他金融商品の方がベターなのではないかと思います。
その場合は定額タイプの生命保険で、親であるあなたが死亡したときに備えながら、余ったお金を運用するなどと言ったプランも、考えることができるのではないでしょうか。
これはあくまで一例なので、学資保険以外の貯蓄方法を考えるのであれば、投資などのプロの方に相談してみるのがいいのではないかと考えます。

郵便局の学資保険

  • 2012.12.19 Wednesday
  • 保険
  • 13:48
  • -
  • -
  • by 郵便局の学資保険

◆郵便局の学資保険
学資保険と言えば郵便局を思い出す人が多いのでしょう。
郵便局が、もともと学資保険を最初に始めたのです。
この学資保険が、今では多くの保険会社でも取扱われるようになったのです。

また、昔からの習慣から年配の方の中では、安心というイメージが郵便局というとあるためか、親や親戚にすすめられて入っている方が多いようですね。

最近では保険の見直しがさかんにいわれるようになり、節約術としても定着しているようです。
郵便局の学資保険から、他の保険に替えたいという相談が、相当にあるようです。
郵便局の学資保険が決して、悪いということではないようなのですが、やはり従来からの民間に比較すると、満期受取金が低くなってしまうのが、その理由だそうです。

とはいえ、今後の改革の中でより良い学資保険が、販売される可能性も無いわけではないのでこのまま様子を見ると言うことも構わないのではないでしょうか。
一般的に学資保険の満期は、中学、高校、大学の進学時に、それぞれ設定されるようになっているのです。
さらに生命保険としての機能も付いているものがあり、契約者つまり親が死亡した場合には、保険料の支払いは免除されます。

養老保険の支払方法

  • 2012.08.03 Friday
  • 保険
  • 09:00
  • -
  • -
  • by 養老保険の支払方法

養老保険という生命保険の支払方法には2種類あります。
・月、年単位で払い込む「平準払」と、
・一括で払い込む「一時払」
とあり、平準払は契約者死亡時に受取人の保険料支払いが免除され、死亡保険金を受け取ることができます。
一時払は保障としてのメリットである保険料の免除がなくなる反面、利回りがよいため、金融商品として利用されていた時代もあります。
ただし、予定利率によっては元本割れすることがあるので要注意です。

どちらを選んだ場合も保険料は他の保険より高いので、貯蓄をメインに考える保険と言えるかもしれません。
そのため定期保険などの特約をつけることで保障を手厚くする場合が多いようです。
この場合保険料に対する満期金は減るので、貯蓄がメインであるなら特約はつけずに契約しましょう。
また、養老保険を特約につける終身保険等も売り出されています。
保障重視ならこちらでもよいでしょう。

養老保険という生命保険

  • 2012.07.03 Tuesday
  • 保険
  • 09:44
  • -
  • -
  • by 養老保険という生命保険
生命保険のうち養老保険は、今はあまり聞き慣れないかもしれませんが、以前は定期保険と並ぶ保険の主力でした。
平均寿命が低かったことで、老後の積み立てと万一の保障を兼ねることが出来たわけですが、現在は平均寿命が延び、保険未加入の状態が長く続くようになり終身保険に取って代わられています。

では今は養老保険は不要なのか?
と言われるとそうではありません。
養老保険の特徴は満期の保険金と死亡保険金が同額であることです。

つまり、満期まで保険料を払っても、途中で亡くなることがあっても同じ金額をもらえることになります。
終身保険と比べ貯蓄性は高いものの、保険料は割高になっています。
反面死亡保障は小さめで、貯蓄重視の保険と言えるでしょう。 

子供保険とはなにか

  • 2012.03.17 Saturday
  • 保険
  • 10:00
  • -
  • -
  • by 子供保険とはなにか

◆子供保険とはなにか
子供の教育費の貯蓄が目的になっている保険です。毎月保険料を支払っていき、中学・高校・大学などの進学時に学資金を受取ることができます。また、お子さんが亡くなった場合は死亡給付金、ご契約者が亡くなった場合は保険料免除といった保障を受けることできるのです。

学資保険と呼ばれるものと婚資保険とを組み合わせているものを一般に子供保険という呼び方をしています。細かい点の違いが保険会社によってあるのでその点は注意するようにしましょう。子供保険の中に組み込まれて記されている学資保険は子供保険の中でも貯蓄性が重視された内容になっています。

市立の学校などにはいると確かに非常にお金の事が心配になってしまうのは間違いないかと思います。なにより学費を計算して自分で管理しきれないと思ったのなら迷わず自分にとって良さそうな学資保険を探してみると良いでしょう。逆に定期預金の中でも利息の大きなものがあるのであれば、逆に自分で独自に貯金するのも良いかもしれません。

一部の人から学資保険にはいるくらい当然などと言われたとしても決して自分を曲げたりしないでください。これで曲げてしまって、あとで入らなければ良かったと思うのは誰でもなく自分です。自分の判断で子供保険に入るかどうかちゃんと考えて加入しましょう。

一番簡単な生命保険の選び方

  • 2012.02.17 Friday
  • 保険
  • 16:21
  • -
  • -
  • by 一番簡単な生命保険の選び方

生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。
でも生命保険に加入しようと考えている人には、いろいろな生命保険の選び方を考えたプラン表が作成してもらえます。

生命保険の選び方の中で、一番簡単な方法は、パソコンの生命保険比較サイトから選ぶことです。
生命保険の選び方をパソコンの比較サイトに求める時には、その会社の資料も請求できます。

いろいろな生命保険会社の商品を確かめた後、生命保険の選び方を検討し、最後に全労災や国民共済また郵便局の生命保険なども比較検討することが大切です。保障に重点を置くのか、掛け金に重点を置くのかをはっきりと決めて保険選びをするのがベストな選び方だと言えるでしょう。

生命保険の掛け金設定の問題

  • 2011.11.28 Monday
  • 保険
  • 10:00
  • -
  • -
  • by 生命保険の掛け金設定の問題
生命保険の種類はますます多くなり、どの保険の種類にするかといった選び方が大切になってきました。

保険ファイナンシャルプランナーの、一般的な生命保険の選び方に関する意見として、生命保険の掛け金設定の問題があります。
だいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が、望ましいとしています。
高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。